マンション経営とは

マンション経営に適した土地

マンション経営におすすめな土地

マンション経営を行い、安定した基盤で継続的に収入を得たいと考えていらっしゃる方は多いかと思います。マンション経営を行う時には、まず自分が持っている土地や不動産が、マンション経営において向いているか否かを判断する必要があるでしょう。

マンション経営を行う際に、自分の持っている土地が経営に向いているものであるかという部分は、経営を成功させるために非常に重要な要素となります。マンション経営に向いていない土地において経営を行っても、継続的に安定した収入を得ることは難しいのです。

では、具体的にいったいどのような土地ならば、マンション経営を行うことに向いているのでしょうか。マンションを経営していくためには継続的に入居者が居てくれなければいけませんから、当然入居者が集まりやすいマンションこそが、より収益基盤の安定したマンションということになります。

すなわち、自分がそこに住むとして住み続けたいか、住みやすい環境であるかという部分がたいへん重要であり、その部分を満たせないマンションは収益を上げにくいマンションであるということになります。

例えば、幹線道路などが近くに通っていること、街の中心部にほど近い場所であること、駅などの人が行き交う場所が近くにあることなどは、マンションが入居者を継続的に抱えるための絶対条件のひとつとなります。

また、土地の広さなども重要です。敷地面積に関しては、60平米以上が条件となります。ある程度以上の土地の広さがなければ、きちんとした収容率のあるマンションを建てることもできませんので、この部分も見落とさないようにしましょう。